着火して着火されました

5時前に東浦和の宮内家に着きました。
去年の秋に来たので、街を見たらなんか懐かしい感じに包まれました。

ライブハウスのようで普通の家のようで、、、
「宮内家」というネーミングがぴったりときますね。
でもいろんなギタリストがここに来るんですよ。







この日は近くにあるオリジン弁当で夕食のお弁当を買いました。



好きな惣菜を自分でとってつめることが出来る楽しいお弁当屋さん。
リハーサルの合間にいただきました。
おいしかったです。

伊藤君て気が付くとつめを磨いています。
きっと彼の爪はいつもピカピカに光っているんでしょうね。
これ以上、紙やすりの似合う男は日本にいないと思います。





昨日のピックアップのトラブル、もしかすると直ってるかも・・・
電源を入れて音を出しました。
バリバリ ビリバリ!!
あああ、だめだ。。
そりゃそうですよ。
生き物じゃないんだから、自然と直るわけはありませんよね。。

もうこのシステムはあきらめて、何かのためにと持っていたフィッシュマンのレアアースをつけました。
うう、本当に持っていて良かったあ。
でも、真空管の音とレアアース、歴然とした音の差がありました。
ぺらぺらで音に立体感の無さが感じられました。
マスターも残念がっていました。
次回はリベンジですね。

この日は気持ちを切り替えて、演奏に集中することにしました。



開演までもうすぐです。
少しお疲れ気味かな。。

さあ、本番です。
伊藤君が一番手です。

この日もクラシックのレパートリーとオリジナルを演奏していました。
ギターもガットとスチールを持ち替えての演奏です。





伊藤君、なんだか演奏が冴えていますね。
お客さんからも驚きの声が漏れていました。



僕も伊藤くんの演奏に触発されて火がつきました。
今日の伊藤君はチャッカマンです。







僕ものびのびと演奏が出来ました。
演奏は疲れとはあまり関係ないんですね。

急遽リハーサルの時にセッションを思いつきました。
伊藤君と一緒にやるんだったら、マニアックに行きたいね。
「ミス・ローワン・デイヴィス」をやることに。
伊藤君はアルバムに入れたりしていたし、僕は昔トラッドデュオを組んでいた時のレパートリーでした。
とても美しいバラードです。



2人とも納得の行くライブでした。
同世代というのは、やっぱり影響しあうんですね。
素敵な相乗効果!

「またやりたいね!」
「5年も空けずにね」



遊びに来ていたギター弾きの一さんも一緒に記念撮影。

*****

さあ、これから家まで国道4号線の旅です。
あえて高速は使いません。
孤独の旅路です。

しかし、4号線は工事渋滞2ヵ所。
40分は足止めされました。
「もうゆっくり帰ればいいや」
と開き直り、途中、道の駅に寄り、氷点下の中アイスクリームを食べたり。
見たことないへんな飲み物を飲んだり。。
ゆるりゆるりと北上してゆきました。




くるりのこの曲がやけに気持ちにしみました。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Twitter

facabook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM