サティのノクターン

 

 深まる秋にサティのノクチュルヌ(夜想曲)

 特にこの第2番 

 異常なくらいの透明な抒情性 

全部で第5番まであるんだけど 秋が深まりつつあるように深遠な音楽になっていく 
高校1年生のとき初めて聴いてショックを受けて 
この曲集を全部自己流で猛特訓をしてひけるようになった 
それ以来全く飽きることはない 
今でもことあるごとに弾いている

 いつか自分のノクターンを作ってみたいと思っている 



 追記 

後になって譜面が発見されたというノクターン6番を聴いた 
途切れ途切れのモチーフが組み合わされ浮遊してゆく小品 
そこに漂うアトモスフィアは5つのノクチュルヌに共通する
夢の中のかすかな音


JUGEMテーマ:音楽

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Twitter

facabook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM