自分にあった謎の癖。

さっき夜の街を散歩していて突如思い出した。

小さい頃、といっても本当に小さい頃。
2歳から幼稚園に上がる前。
ある言葉を聞くとそれを東西南北に直感的に分類する、
という奇妙な癖があった。
例えば、「井」という文字は北。
「青い屋根の家」は西。
当時は結構そのキーワードがあったんだけど、今思い出せるのはこの2つ。
文字であったり建物であったり、その辺はものすごくランダム。
だけど、直感的によどみなくその方角を連想していた。
なんとも不思議な癖だ。
今でもその感覚はかすかに覚えてるけど、あるキーワードを聞いてそれが北か南かは分からなくなった。
しかし、何の理由もない、なんと為でもないこの習性は一体何だったのだろうか?
もしかして現世に引きずってきた前世の記憶だったのか?

JUGEMテーマ:日記・一般

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Twitter

facabook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM