自分の後ろ姿。



ジャガイモの様子を見に来た
花が咲き始めたところ



これがダンシャクの花





これがメークインの花
少し紫色が濃い




2週間こないと草が茂ってくる
ここら辺には菊芋の根っこが残っていて
それが生えてきて厄介だ
黙々と草をむしる
草をむしるのは音楽に近い
瞑想をしてるようで何も考えていない

体を動かせば汗が吹き出る
それでも夕暮れ時になると涼しい風が吹いてきて気持ちいい





日が傾くと自分の影が気になる
遠くに自分の後ろ姿を一瞬見たような気がした
はっとして振り返った
シュペルヴィエルの詩の牛のようだ




ネギは草に埋もれないようにするのが最大のコツらしい
それはなかなか難しい
コツというのはなかなか難しいからコツなんだろう



ふっと光度が落ちた



山の向こうに日が落ちた







たぶん何も見なかった
自分の後ろ姿のことは
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Twitter

facabook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM